Macmini2020 と Bluetoothマウス の不具合解消

Macmini2020を導入してから、Bluetoothマウスの電波障害のようなカクカクとした挙動に悩まされてきた。

理由はわからないけど、単純に背面USB-A接続を使うことをやめた(笑
(全面で SATECHI TYPE-C ALUMINUM STAND & HUB FOR MAC MINI で補っています。)
ThunderboltやLAN接続は問題ないが、USB-Aポートにオーディオインターフェイスや外部ストレージを接続すると、ブルートゥースマウスがカクカクとおかしな挙動を起こす。

熱対策で底面のパネルを外してるけど、マジックマウスのBluetoothの電波や感度の悪さは生まれつきだし(笑
やっぱ設計上の問題?
なんだろなApple製品・・・

まじめな対策方法も記しときます。
ホームライブラリ、ユーザーライブラリフォルダのプレファレンスフォルダにあるブルートゥース情報を削除。
その後、オプション+シフトキーを押したままタスクメニューのブルートゥースを開き、ブルートゥースモジュールをリセット。
そして、再起動。

※どういったワケか背面右端のUSBポートを使用するとマジックマウスが使い物にならなくなる。ロジクールのUnifying™レシーバー接続なら解消される・・・う〜ん。

━追記━
【もっとも単純な解決方法】
Bluetoothは、WiFiと同じ2.5Ghz帯の周波数を使うため、周辺のWiFi機器が同じ周波数帯の場合、RSSIの低下が-60を上回ることが多いです。
解決方法は、WiFi機器は5Ghz帯を使用する。

マウスパッドをApple製品と互換性の高いSATECHIというメーカーのモノに変更する。
革製:https://amzn.to/2UtcHta
アルミ製:https://amzn.to/3dlcfUz
これが最良の選択だったりして・・・

関連記事

  1. 64bit Linux系サーバシステム構築(ハード編)

  2. macOS Big Sur 11.x で AX88179_178A を…

  3. サーバ障害とNTP

  4. コマンドでグローバルIPを調べる方法

  5. ドメインが再帰的に名前解決される様子を確認する

  6. kdumpサービスの起動エラー

アストロワークスブログ