kdumpサービスの起動エラー

【エラー内容確認】

systemctl status kdump.service

systemd[1]: Starting Crash recovery kernel arming…
kdumpctl[10422]: No memory reserved for crash kernel
kdumpctl[10422]: Starting kdump: [FAILED]
systemd[1]: kdump.service: Main process exited, code=exited, status=1/FAILURE
systemd[1]: kdump.service: Failed with result ‘exit-code’.
systemd[1]: Failed to start Crash recovery kernel arming.

No memory reserved for crash kernel
Starting kdump: [FAILED]
クラッシュカーネル用に予約されたメモリなし と言っているので、予約メモリの設定を追加する。

【crushkernelメモリ設定】

vi /etc/default/grub

GRUB_TIMEOUT=5
GRUB_DISTRIBUTOR=”$(sed ‘s, release .*$,,g’ /etc/system-release)”
GRUB_DEFAULT=saved
GRUB_DISABLE_SUBMENU=true
GRUB_TERMINAL_OUTPUT=”console”
GRUB_CMDLINE_LINUX=”resume=UUID=xxx rd.md.uuid=xxx rd.md.uuid=xxx rd.md.uuid=xxx crushkernel=128M rhgb quiet”
GRUB_DISABLE_RECOVERY=”true”
GRUB_ENABLE_BLSCFG=true

Red Hatの推奨値は4GB以下のメモリの場合、128Mを指定して割り当てる。

【grub2に設定を反映】

grub2-mkconfig -o /boot/grub2/grub.cfg

【再起動する】

reboot

【余談】
不正アクセスワースト国はルーマニア・リトアニア・アイルランドが多い

ジンバルはGUDSEN MOZA

関連記事

  1. サーバ障害とNTP

  2. 64bit Linux系サーバシステム構築(ハード編)

  3. はまりやすいchroot化

  4. コマンドでグローバルIPを調べる方法

  5. ドメインが再帰的に名前解決される様子を確認する

  6. アジア圏で大掛かりなサイバーテロ???

アストロワークスブログ