はまりやすいchroot化

BIND設定郡をchroot化したのちにはまりやすいエラー

listening on IPv4 interface lo, 127.0.0.1#53
binding TCP socket: address in use
listening on IPv4 interface enp3, 192.168.XXX.XXX#53
binding TCP socket: address in use
unable to listen on any configured interfaces
loading configuration: failure
exiting (due to fatal error)

systemctl status named.service や journalctl -xe のエラーログを何度も何度も確認し、べそをかいたことでしょう…

chroot化する時に、named.service を起動したまま設定したのが原因です。

# systemctl stop named (chroot化以前のnamedを停止)
# systemctl disable named (chroot化以前の自動起動を解除)
# systemctl start named-chroot (chroot化されたnamedの起動)
# systemctl enable named-chroot (chroot化されたnamedの自動起動設定)

# systemctl status named-chroot.service (動作確認)
Active: active (running) ←正常に動いていることとzoneファイルが読み込まれて all zones loaded であれば解決です。

Congratulations! 

関連記事

  1. 64bit Linux系サーバシステム構築(ハード編)

  2. サーバ障害とNTP

アストロワークスブログ

  1. 2018.08.06

    目標と使命