【インシデント】KUWAHARA KZ-01 クランクアーム折れる

愛車(自転車)、KUWAHARA KZ-01 2014年がとうとうぶっ壊れた(笑

これまでペダルが折れたり、とにかく金属が真っ二つに折れるKZ-01 2014製だが、ET世代からすると復刻は喜ばしいばかり。
復刻発売と同時に購入した。

ただ、買ってから気付いたことがあって、ETという映画で子どもたちが乗るBMXという自転車が、日本のKUWAHARAというメーカーで誇らしく思い、復刻をまちにまった僕は、65,000円ぐらいで新車で購入。
その後、中国製だということに気付かされる(笑

あら・・・中国製なんだ。。。 KUWAHAEAブランド糞だなぁと僅かながら思ったけど、超お気に入りに。

ただ、購入当時、中国製電動自転車などのフレームが真っ二つに折れるニュースが連日流れたりで、大丈夫なのかと思ったけど、さすがにKUWAHARAブランドに限ってそんな糞パーツを使っているワケがないと思った。
それが5年で折れた(笑
僕の体重は増えたとはいえ75キロ程度、その程度の体重で金属が折れるとなると、自転車なんて恐ろしくて作れない。
それが、折れた。
日常使いで折れるという発想がない物が折れるわけだから、まぁまぁ痛い怪我をした。
それよりも、何よりも、金属が折れるという現象が人命に関わる不良パーツ過ぎて、製造メーカーが恐ろしく思えた。
そんなKUWAHARAが問い合わせに対し、同一商品の交換パーツを勧めてきたことに心底幻滅した備忘録である。

関連記事

  1. ゴルフをはじめよう!

  2. Gudsen ガッセンのジンバルを通販すると大変

アストロワークスブログ

  1. Photo by Manuel Cosentino on Unsplash