Twitter の技術者は世界一無能な集団。

unsplash-logoYucel Moran
今では誰もが使ったことがあるほど普及したSNS Twitter – ツイッター。
140文字以内のつぶやきを投稿できるという単純明快な機能が世界中へ普及し、大統領のコミュニケーションツールにまで発展した。

ここまで普及した勘違いコミュニケーションツールは世界中のどこを探してもない。
この幻想から早く目覚めた方がいい。

まず、Twitterが普及した理由は他にやることがなかったから。
非常につまらないアイデアを根底にした非常につまらないアプリケーションが高機能なスマートフォンを手にしたユーザーの暇つぶしとして世界中に広がった。

Twitterが普及するまで暇つぶしでコミュニケーションを取る人間はいなかった。
いや、コミュニケーションツールとかSNSとか云われているが、そもそも違う。

これは、ほんとうに非常につまらないことしかプログラミングできなかった世界一無能なプログラマーがつくったアプリに過ぎない。
わかりやすくいうと、関節をポキポキいわせる癖や爪を噛むみたいなもので、ここに時間や魂を注いでしまっているとしたら、人生無駄でしかない。

Twitterという悪い癖から脱却する方法はタダひとつ。
Twitterは、世界の誰ともつながっていない。ただ、人の悪い癖を真似てしまうアンチツールでしかない。

そして、このアンチツールを企業が販促ツールとして必死で利用してるんだからどうかしてる。考え方が古いとかそういう次元の話ではなく、暇つぶし相手に必死でコミュニケーションを取ろうとしたところで、暇つぶしでしかない。
暇つぶしの先に、見つけたものを暇つぶしでさらに暇を潰す。
暇つぶしがツイートされ、暇つぶしの連鎖がリツイートされる。そしてさらに他人の暇つぶしに「いいね!」までできる!
いいね!その暇つぶし!最高! こんな感じ。

ふざけたヤツにお前いい感じでふざけてるじゃ〜ん「いいね!」
こんな感じ!

あかん、もぉ〜こんなん販促ツールとか拡散ツールとかそんなこと言って利用してたらあかん!
脳みそ腐る!みんなどうかしてるぜ(笑

頼む、優秀な日本人技術者! この暇つぶしツールを撲滅できる、瞑想も兼ねた大切な時間を共有できる真のコミュニケーションツールを普及させてくれ!
頼む!

Twitterという世界一無能な技術者集団は、何十年もかけて企業や個人を相手にコミュニケーションという幻想をおとりに、広告で収益をあげることしかできていない。
先人がつくった広告収入のビジネスモデル意外に収益化できるサービスを生みだした気ではいるが、何もできていない。
彼等の規約を見ればわかるが、サードパーティー製広告を禁止している。
もう、Twitterは暇つぶしのツールどころか、金に目のくらんだ勘違いプログラマーの打ち出の小槌でしかない。

関連記事

  1. 仮称:新型コロナウイルス

  2. 目標と使命

  3. ウェブ系外資系企業は治外法権なのか?

  4. 誰もが新型コロナウイルスの治療法開発に貢献できる

  5. Photo by Manuel Cosentino on Unsplash

    気になる布製マスクとプロパガンダと

  6. 新型コロナ消滅しない可能性だが緊急事態は解除

アストロワークスブログ

  1. Photo by Manuel Cosentino on Unsplash