誰もが新型コロナウイルスの治療法開発に貢献できる

世界中の誰もが、FOLDING@HOMEのプログラムを、コンピューターで起動しておくだけで、ウイルス治療法開発にリソースを提供できる。

仕組みはブロックチェーンと同じ、分散型コンピューティング。
アメリカのスタンフォード大学が中心となって、新型コロナウイルスの解析に着手。
世界中の自宅や会社のCPUやGPUの処理能力提供を呼びかけている。

【専用ソフトウェアをダウンロード】

ブラウザがお使いのコンピューターを判定し、適切なプログラムのダウンロード画面が表示される。
ダウンロードしたプログラムを起動するとバッググラウンドで余剰計算能力を寄付し続けることができる。
このプログラムはとても優秀で、作業の合間など、通常の使用に支障をきたすことなく適切なリソースを提供し続けることができる。

ホワイトハウスの科学技術政策局が導入した16台のスパコンを合わせた処理速度は330ペタフロップス。CPUの数は77万5000個、GPUは3万4000個!
世界中の個人のパソコンが協力し合って、どれほどの効果があるのかわかんないけど、わずかな処理能力でも何十億人が協力したら奇跡が起こると思う。

地球を救った映画インディペンデンス・デイの名台詞を思い出す。

「我々は戦わずして絶滅しない 我々は生き残り 生存し続ける」

関連記事

  1. 新型コロナ消滅しない可能性だが緊急事態は解除

  2. ウェブ系外資系企業は治外法権なのか?

  3. 目標と使命

  4. Photo by Manuel Cosentino on Unsplash

    気になる布製マスクとプロパガンダと

  5. 新型コロナウイルスに思ふこと

  6. 仮称:新型コロナウイルス

アストロワークスブログ

  1. Photo by Manuel Cosentino on Unsplash