新型コロナウイルスに思ふこと

unsplash-logoBagus Renaldy
重症は14%、重篤は5%、それ意外は身体の防御システムが働いて、下気道への侵入を防げれば、普通の風邪程度で済むらしい。と多くの科学者や診療所の医者がいう。

実際にテレビなどで発表されている数字もこんな感じ。

さて、疑問はここからで、81%が普通の風邪で済むというのに、日本の首都・東京では感染者が相次ぎ、医療崩壊の危機だという。
肺に手を当てて考えてほしい。
あなたの肺は、通常の風邪で入院しますか?

さらに疑問は続く、日々100人弱で感染者の数が発表され、マスクも給付金も配ることのできない政府が、一桁狂わず正確な数字を集計できている。
この検査システムと見事な集計システムはどこの国製?

そして何より驚いたことが、安倍総理の布マスクを国民の1住所地へ2枚ずつ配る決定。
これまでの報道で国民が困った順をあげると、マスクがなくなり、トイレットペーパーがなくなり、ティッシュペーパーもなくなり・・・
テレビに映った(実際はYouTubeだけど)安倍さんの姿も衝撃だった・・・サイズ感の小さな布製のマスクを何食わぬ顔で装着し、国会で討論している。僕は、安倍さんが好きだ! 常に冷静沈着な素振りができる安倍さんは、僕にないものを持っている。
ゴルフを楽しむ姿も好きだ!
ゴルフウェアにしても、青味が強いスーツにしてもファッションセンスとは程遠いが、そんな不器用な男、安倍晋三兄さんが好きだ(笑

そんな僕が何より心配なのが、安倍兄さんの発想だと、次は1住所地へ2個ずつトイレットペーパーを配ることになる。
もっと、恐れることは、緊急事態宣言がトイレットペーパー配布の前に来た時だ!

マスクを配り、緊急事態宣言をし、トイレットペーパーを配る。
そして間に飛び込んでくるニュースがコンドームの世界的品薄状態・・・
そう、安倍さんはこんな緊急事態宣言発令の議論の最中に、サイズ感の小さなマスクを付け、「次はトイレットペーパーですね。ははははは」とか・・・
大丈夫!安倍兄さんはそんなふざけた人じゃない!

もとい!

これは、SNSパンデミックに過ぎない。と結論づけたくて思ふことを書き始めたけど、ヤバイ。
日本の総人口1億2千万にの8割が風邪を引き、1割強の人が普段より辛い思いをし、0.5割の人が死ぬ。と結論付けたとして・・・
死者6,000,000人 六百万人!!!
平常時の年間死亡者数は約1,500,000人 百五十万人!

実に4倍・・・

駄目だ・・・ 子供たちの未来の為に、僕のつたない文章ぐらいは、夢と希望にあふれた内容にしたかったのに・・・
情けない>< 力不足。
ふざけて、この低い死者数は、コンドームの薄さ程度しかない!と締めくくりたかったのに・・・

くっそ〜 コロナウイルスめ!
次こそは、文筆でやっつけてやる!

【2018年〜2020年毎年1月の韓国・中国からの訪日者数】※日本政府観光局発表

2018年1月韓国:803,816人
2018年1月中国:632,304人

2019年1月韓国:779,383人
2019年1月中国:754,421人

2020年1月韓国:316,800人
2020年1月中国:924,800人

この統計を見て驚くのは、コロナ騒動の2020年までは韓国人の方が多いこと。

関連記事

  1. ボランティアと興行

  2. 誰もが新型コロナウイルスの治療法開発に貢献できる

  3. Photo by Manuel Cosentino on Unsplash

    気になる布製マスクとプロパガンダと

  4. スポーツでリフレッシュ!

  5. 仮称:新型コロナウイルス

  6. Twitter の技術者は世界一無能な集団。

アストロワークスブログ

  1. Photo by Manuel Cosentino on Unsplash